スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<普天間>徳之島「なかなか厳しいものがある」…北沢防衛相(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は20日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地として政府が検討している鹿児島県・徳之島について、「かりに徳之島でお願いをするということになれば、今の状況はなかなか厳しいものがある」と指摘。その後の参院外交防衛委員会でも、地元で大規模な反対集会が開かれたことに関連し「島の住民の半数が反対を訴えたことは極めて重く受け止めなければならない」と述べた。

 徳之島移設案を巡っては民主党鹿児島県連の川内博史代表が19日、鳩山由紀夫首相に撤回を申し入れている。政府は地元自治体に正式に移設案を打診する方針だが、交渉は一層困難になったとの認識を示したものだ。

 これに関連し、鳩山首相は20日午前、記者団に対し、普天間問題の「5月末決着」が実現しなかった場合について「5月末までに決着すると申し上げているわけですから、その決意をもってやるのみだ」と述べ、自身の進退についての言及は避けた。【仙石恭】

【関連ニュース】
<普天間移設>徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否
<普天間移設>「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連
<普天間移設>「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会
<普天間移設>「一つの民意」反対集会に首相
<写真で見る>米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部

歴代社長3人を強制起訴=検察審議決受け弁護士-JR西、福知山線事故・神戸(時事通信)
<訃報>戸井田孝さん61歳=大日本印刷常務(毎日新聞)
<雑記帳>「イルカのぼり」スイスイ 青森(毎日新聞)
地下鉄車両から煙 朝の千日前線 乗客100人避難(産経新聞)
<どろめ祭り>観客息のむ酒1升11.4秒一気飲み 高知(毎日新聞)
スポンサーサイト

両親へ“宇宙からの手紙” 山崎さん「ありがとう」(産経新聞)

 宇宙で約2週間を過ごした山崎直子さん(39)らが乗った米スペースシャトル「ディスカバリー」が17日夜、19日の帰還に向けて国際宇宙ステーション(ISS)から離れた。活躍を静かに見つめてきた両親の手元には、山崎さんが感謝の気持ちを込めた“宇宙からの手紙”がある。「いつも見守ってくれてありがとう」。長年の夢をかなえた娘と両親は、笑顔の再会を心待ちにしている。

 山崎さんの両親、角野明人(すみの・あきと)さん(73)と喜美江さん(67)は5日、打ち上げの様子を現地で見ていた。打ち上げの約9分後、機体が無事に宇宙空間へ達したときだった。

 「直子さんから、これを預かっています」。家族の支援担当だった宇宙飛行士の向井千秋さん(57)が手紙を差し出した。花模様が描かれたメッセージカードには、素直な気持ちが直筆で記されていた。

 《このカードが届くころには、宇宙に到達していると思います。今までいつも見守ってくれて、どうもありがとう。また宇宙から戻ったあとに、ゆっくり会えることを楽しみにしています。二週間、行ってきます。お父さん、お母さん、みんなのことをいつも想っています。直子より》

 元自衛官の明人さんは「寡黙だが、物事の善しあしをはっきり言う人」(知人)。山崎さんが大学院時代に米国留学の希望を打ち明けたとき、最初は反対したが、本人の強い意志を確かめて1年後に送り出した。予想もしなかった手紙に「今まで陰になって支えてきたが、娘の心にちゃんと通じていた」と、胸が熱くなった。

 喜美江さんも「打ち上げ前の忙しいときに、配慮して書いてくれたのでしょう。直子らしいなあと、本当に感激した」と話す。

 手紙にはもう1枚、カードが同封されていた。11年前、宇宙飛行士候補に選ばれたときの上司で、公私にわたり山崎さんを支えてきた寺門邦次さん(67)へのメッセージだった。

 「ここまでこれたことに、本当に感謝申し上げます。宇宙でいい仕事をしてきます」。寺門さんは「訓練と子育ての両立などで、日本の飛行士の中で一番苦労してきた。このカードは宝物です」と話す。

 山崎さんは宇宙に、明人さんのネクタイピンと喜美江さんの指輪を持参した。地球に戻ったら、夢をかなえた証として、見守ってくれた両親に届けるつもりだ。(長内洋介)

【関連記事】
シャトル退役 問われる日本の役割
コンテナ回収作業を再開 山崎さん19日帰還へ
コンテナ回収作業でトラブル 山崎さん帰還延期も 
山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲
山崎さん、着物姿ですし振舞う 野口さんも手伝う

橋下新党発足 目指すは「大阪都」(スポーツ報知)
自衛隊に初の女性基地司令「積極的PR、親しんでもらう」(産経新聞)
トヨタ、小澤専務が代表権を持つ専務に昇格(レスポンス)
<地震>和歌山市などで震度2(毎日新聞)
<FIS脱税>被告、額で一部争う姿勢 名古屋地裁で初公判(毎日新聞)

暴力団関係を名乗る男、NHKに抗議電話(読売新聞)

 NHK(東京都渋谷区)に今月10日、北九州市に本部を置く指定暴力団工藤会関係者を名乗る男から抗議の電話があったことがわかった。

 NHKは同日、警視庁代々木署に届け出た。

 同署幹部などによると、NHKが同日正午、西部ガス(福岡市)を狙った連続発砲事件で福岡県警が同会会長宅などを家宅捜索したと全国ニュースで報道したところ、東京の視聴者コールセンターに、「事実に反する報道だ。NHK幹部の住所は調べている」などと男の声で電話があったという。

 同庁で警戒を強めている。

中垣喜彦・石炭エネルギーセンター会長 日本の石炭火力技術で温暖化対策に貢献を(産経新聞)
帆船「あこがれ」で上海万博へ 大阪市、親善大使の高校生募集(産経新聞)
「不適切な行為」と謝罪、虐待は認めず 宇都宮の老人施設(産経新聞)
札幌で最大風速30m超の強風、6人けが(読売新聞)
<帯広市長選>元投資運用会社役員の米沢氏が初当選 北海道(毎日新聞)

50法人超が対象=国民生活センターや住宅金融機構-事業仕分け第2弾(時事通信)

 今月23日に始まる政府の事業仕分け第2弾で、対象となる独立行政法人の候補が7日、分かった。国民生活センター(内閣府所管)や住宅金融支援機構(国土交通省所管)など11府省所管の54法人、事業数では100以上に上る。6日から、国会議員の「仕分け人」が候補となった法人のヒアリングを行っており、20日ごろに開く行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)で最終的に50~60程度の対象法人を決める。
 独立行政法人は現在104法人あり、半数程度が対象となる計算だ。
 54法人は、官僚OBの天下り状況や事業執行の効率性、公益法人などに業務委託する「中抜き」構造の有無、民間への事業移管の可否などの観点から選んだ。事業仕分けでは、各法人が実施している事業の内容を精査し、廃止や見直し、民間への移管などの判定を下す方針。
 消費者からの苦情・相談に対応する国民生活センターは、昨年9月に消費者庁が発足したことから、「同庁が直接行うべき事業があるのではないか」として、対象候補に選ばれた。住宅金融支援機構に関しては、民間移管が可能ではないかとの指摘が出ている。
 また、理化学研究所や宇宙航空研究開発機構(いずれも文部科学省所管)など研究開発を行う法人は、国と民間の役割分担など、研究開発の在り方そのものを問うために取り上げる。
 政府は独立行政法人に続き、5月下旬には公益法人の事業仕分けも実施する。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

関西3空港、今後10年は併存=伊丹の存廃判断先送り-地元懇談会(時事通信)
地下鉄駅前で覚せい剤密売=容疑で自称イラン人3人逮捕-警視庁(時事通信)
0歳長男の頭を蛇口にぶつける 虐待容疑で父親逮捕 (産経新聞)
井上ひさしさん死去=作家・劇作家、「吉里吉里人」など(時事通信)
元朝青龍の主治医、1億円所得隠し(産経新聞)

フィギュア 高橋大輔選手が地元・岡山でパレード(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート男子で日本初の銅メダルを獲得した岡山県倉敷市出身の高橋大輔選手(24)=関大大学院=が6日、五輪後初めて地元・岡山入りし、岡山市の県庁通りをオープンカーでパレードした。

 パレードは岡山県スケート連盟(小嶋光信会長)が企画。五輪の銅メダル、世界選手権の金メダルを首から下げた高橋選手が特設会場に登場すると、熱心なファンが「ダイちゃーん」「おめでとう」と大声を上げ、歓迎ムードに包まれた。

 高橋選手は集まったファンに「地元にメダルを持って帰れて満足です」とあいさつ。パレードの後、県庁で石井正弘知事から県民栄誉賞が贈られた。【石戸諭】

【関連ニュース】
高橋大輔選手:橋下知事から「感動大阪大賞」
フィギュア:名古屋でアイスショー…高橋と浅田らが華麗に
フィギュア:世界選手権優勝の高橋大輔、浅田真央が帰国
世界フィギュア:高橋大輔が優勝 日本人男子で初
世界フィギュア:高橋SP首位、小塚4位 織田は28位

<雑記帳>宮本亜門さん、神奈川芸術劇場の初代芸術監督に(毎日新聞)
自民幹事長代理に河野氏 執行部刷新は否定 「中途半端」の批判も(産経新聞)
宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件-神戸区検(時事通信)
「政治とカネ」解決策など検討指示 鳩山首相(産経新聞)
政府案、筋道通らぬ=普天間移設で官房長官に-沖縄知事(時事通信)

小学教科書検定 年越し派遣村、裁判員…最新の話題に言及(産経新聞)

 小学校の新しい教科書には、最近の時事問題も多く登場した。

 平成20年暮れから年明けにかけて注目された「年越し派遣村」は、6年社会で掲載。「これからの日本を考えよう」とする章で、派遣村の写真に「派遣社員を中心とする失業問題が注目を集めました」とある。

 裁判員裁判は、6年社会の全5社に初登場。「大人になったら、わたしたちも裁判員に選ばれるかもしれないね」(教育出版)などと身近なテーマとして取り上げられている。

 新型インフルエンザは5、6年の保健で4社が記述し、残り1社は鳥インフルを取り上げた。新型インフルは発展学習の扱いとされ、文部科学省は「感染への対応策が解明されず、病気予防が十分に学習ができないため」と説明している。

 インターネットについては、調べ物などの活用方法や、トラブルに巻き込まれないよう「個人情報を書き込まない」といった注意点などをめぐって繰り返し取り上げられた。ネットいじめの温床ともなることから、ネットに書き込む際には「思いやりをわすれない」といった表現もあった。

 地球温暖化も複数科目で取り上げられた。社会や理科に加え、家庭でも太陽光発電を使った住宅を紹介したり、算数でサンゴが海水温度の上昇によって破壊されていくペースを面積で求める記述が登場した。

【関連記事】
韓国「まず攻撃ありき」で認識平行線 日韓歴史共同研究第2期報告書
日本の教科書に影響与えない 岡田外相
日教組教研、朝鮮人虐殺で根拠ない「6600人」
鳩山政権の次の教育政策は? 底流に「日教組政策集」
つくる会自由社版を採択 横浜市教委が8区で
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<人事>最高裁(毎日新聞)
首相動静(3月28日)(時事通信)
新しい政治のあり方とは? ネット選挙運動、議員もユーザも熱い議論(産経新聞)
<若林元農相>議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
与謝野氏らとの連携否定=「コップの中の争い」と静観-民主(時事通信)

自殺「月初め多い」3月1日は最少日の2・5倍(読売新聞)

 内閣府と厚生労働省は30日、2004年以降の自殺者の傾向や地域別データの分析結果を公表した。

 月曜日に自殺者が多いことはこれまでも指摘されていたが、月初めも多いことなどが判明。また、都市部では若者の、地方では高齢者の自殺が目立っていた。年間自殺者が12年連続で3万人を超える中、内閣府は「自治体などが地域の実情に応じた対策を取るための資料にしてほしい」としている。

 警察庁と厚労省の統計を基に分析。04~08年の日別の平均自殺者数は「3月1日」が138人で最も多く、最少だった「12月30日」(55・2人)とは2・5倍の開きがあった。月初めは総じて自殺者数が多く、年末年始や土日祝日は少なかった。曜日別では、月曜が92・8人で最多、土曜が70・7人で最少だった。月別では、3月に被雇用者、5月に失業者の自殺が多かった。

 地域別では、東京都は20~40代の被雇用者が多く、秋田県では50代や70代以上の自営業者が多いなどの傾向があった。内閣府は、分析結果や地域別データを順次ホームページに掲載する。

 東京自殺防止センター(03・5286・9090、午後8時~午前6時、火曜は午後5時から)などの相談窓口は、NPO法人・自殺対策支援センターライフリンクのサイト「ライフリンクDB」に掲載されている。

<キャバクラ嬢>労組が待遇改善訴えてデモ 東京・歌舞伎町(毎日新聞)
疾病予防対策で勧告機関の設置を提案-日医委員会(医療介護CBニュース)
子供の夢収めたビデオカプセル、千葉県が紛失(読売新聞)
首都高 渋谷-新宿を直結…中央環状線が区間開通(毎日新聞)
「砂丘の怪物」化石発見=1億8500万年前の草食恐竜-米国(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。